【映画感想】ザ・ファン〜野球スターに忍び寄る狂的ファンの魔の手

2019年9月25日サスペンスアメリカ, ハラハラする

ザ・ファン

★★★★★★★☆☆☆

野球が生き甲斐となった熱狂的ファンがストーカー化していく恐怖を描いた、スリリングなサイコサスペンス映画、ザ・ファン

1996年と今から20年以上も前の作品ですが、加害者となる主人公ロバート・デ・ニーロの迫真の演技が恐怖に拍車をかける、豪華俳優陣が揃った作品でした。

※記事ラストに一部ネタバレを含む感想があります。お気をつけください!

映画「ザ・ファン」

「ザ・ファン」は1995年にピーター・エイブラハムズによって発表した同名の小説が、トニー・スコット監督により映画化された作品。
第6回MTVムービー・アワードでは、主演で恐ろしいストーカーを演じたロバート・デ・ニーロが、悪役賞としてノミネートされました。

ストーカーといえば男女間で起こりやすい問題と思いがちですが、こうしたスターと熱狂的ファンの間、同性間でもトラブルは発生します。
最後まで緊張感が抜けない作品でした。

映画情報

ザ・ファン(The Fan)
初公開:1996年8月16日
監督: トニー・スコット
国:アメリカ
上映時間:117分
配給:コロムビア映画

主要な登場人物

ギル・レナード(ロバート・デ・ニーロ)
熱狂的な野球ファン。特にサンフランシスコ・ジャイアンツのファンで、ボビー・レイバーン選手の大ファン。

ボビー・レイバーン(ウェズリー・スナイプス)
野球選手。サンフランシスコ・ジャイアンツに最近移籍してきた大物スラッガー。
ライバル選手プリモと、背番号を巡っていざこざがある。

ショーン・レイバーン(ブランドン・ハモンド)
ボビーの息子。

ホアン・プリモ(ベニチオ・デル・トロ)
サンフランシスコ・ジャイアンツの野球選手。ボビーのライバル。

エレン・レナード(パティ・ダーバンヴィル)
ギルの別れた妻。

リッチー・レナード(アンドリュー・J・ファークランド)
ギルとエレンの間に生まれた息子。

ストーリー

自分自身の偏向した性格のせいで妻エレンに逃げられた男、ギル・レナード。
すぐに逆上してしまうため仕事もうまくいかず、会社からは「次に失敗したらクビ」と宣言されていました。

そんな彼は熱狂的な野球ファン。
別れたエレンとの愛する息子リッチーと一緒に、野球の開幕戦を観に行く約束をしていました。

しかしその開幕戦の日は、大事な商談と重なってしまいます。

それでもリッチーとの約束を守るため、そして大好きな球団の開幕戦を観るために、無理をして観戦へ行ってしまいます。
当日、ボビーがホームランを打ったのを見届けると、リッチーを球場に残したまま取引先へ急ぐギル。
しかし間に合わず、会社をクビになってしまいます。

また、リッチーを球場に置き去りにして迷子にさせたことからエレンの怒りも買い、裁判所からも「息子への接近禁止」処分を受けてしまいました。

ギルの生き甲斐は既に野球だけ。

最初は熱狂的なただのファンでしたが、愛する選手ボビーに対するストーカー行為に走っていきます。

怪我のせいでスランプに陥ったボビーのために行う、狂気的な行動。
その狂気はやがて、自分に気付いてくれないボビー自身にも向けられるようになり……

視聴できる動画配信サービス

映画を観た感想

現代社会でも凄惨な事件を度々引き起こすストーカー。
これは異性間のみではなく、同性間にも起こり得ます。

ホラー映画とはまた違う「人間の怖さ」があり、最後まで全く気が抜けませんでした。
とにかく、狂気に満ちた役を演じるロバード・デ・ニーロが熱演すぎて、ものすごく怖い。

全てを失い、野球に執着していく姿は徐々に確実に異常性を帯びて。
これからどうなるんだろう?
最後、どうなるんだろう?
と、先の読めない展開にハラハラ。

ラストシーンは特に、緊張感がものすごかったです。

以下、ネタバレを含む感想です。

>ネタバレ感想をスキップ!

ネタバレありの感想

再三言いますが、ロバード・デ・ニーロが本当に熱演すぎてビクビクしていました。笑

ギルは元々、とにかくキレやすい。感情の起伏が激しくて、思い込みが激しくって。
最初からそんなタイプの人なんですけど、そのギルがどんな人物であるかを冒頭から完璧になりきっていました。

そんな彼が野球しか拠り所がなくなってしまった。
最初は、彼の「大好きな野球選手の役に立ちたい」という純粋な?気持ち。でもそれもライバル選手の殺害という、とんでもない行動をしてしまったことで、純粋さは完全に失われました。
残ったのは狂気のみ。

プリモの死からスランプを脱したボビーに対して、「自分のおかげでスランプから脱したくせに、なぜ自分に気付かないんだ」と苛立ち始めるギル。
知らないふりして近づいて本音を聞いて、ファンの存在をバカにされて怒るギル。

最後にはボビーの息子・ショーンを誘拐までしてしまって……。

「俺のためにホームランを打て」と脅迫。

息子を守ろうと必死にホームランを打とうとするも、悪天候や相手選手の敬遠によって、なかなか打つことができないボビー。

最悪な状況下で最後一体どうなってしまうのかが、全く読めずにハラハラしました。

ようやく打てたホームランもアウト判定……と思ったら審判がまさかのギル!
ちょっと衝撃。

ストーカーの心理がものすごく描かれている、下手なホラー映画よりも怖い作品でした。

「ザ・ファン」を視聴する

「ザ・ファン」は動画配信サービスでも配信されています。

U-NEXT
hulu
FODプレミアム
TSUTAYA TV
Netflix

2019年9月24日現在(随時更新)、上記の表で「◯」がついたサービスで配信されていることを確認しています。

タイミングによっては「◯」と表記されていても配信が終了、または「−」と表記されていても配信が開始されている可能性があります。
本作品を視聴する目的で各サービスに加入される場合は、一度ご自身でもお確かめください!