【映画感想】シャーク・ナイト〜46種類のサメ登場?王道に捻りを加えたパニック映画

2019年10月10日ホラー・パニックアメリカ, ハラハラする

映画シャークナイト

★★★★★★★☆☆☆

B級サメ映画は数あれど、大体がホホジロザメか、その亜種(頭がいっぱいあったり、他の生物と合体してたり)が主役。
複数の種類のサメが登場する映画は滅多にありません。

サメが出てくるB級映画ははっきり言ってハズレが多い中、本作「シャーク・ナイト」は割とストーリーもしっかりしており、当たり作品だと感じました。
(私はサメが好きなので、少し甘い評価かもしれません)

※記事ラストに一部ネタバレを含む感想があります。お気をつけください!

サメパニック映画「シャーク・ナイト」

アメリカで2011年に公開されたパニック映画「シャーク・ナイト」は、46種類のサメが登場することで話題に。(映像では46種類出てきません)
サメによる惨劇が描かれますので、PG-12指定の映画です。

サメのパニック映画の王道ストーリーを抑えながらも、複数の種類のサメを登場させたり、ちょっと展開にも捻りが加えられたり。
「映画」としてはそれなりに、「サメ映画」としてはなかなか面白いものでした。

映画情報

シャークナイト(Shark Night 3D)
初公開:2011年9月2日
監督: デヴィッド・R・エリス
国:アメリカ
上映時間:91分
配給:レラティビティ・メディア、ポニーキャニオン

主要な登場人物

サラ(サラ・パクストン)
女子大生。お金持ちで、クロスビー湖に両親の持つ別荘がある。

ニック(ダスティン・ミリガン)
優秀な大学生で医学の道を進もうとしている。サラのことが好き。

デニス(クリス・カーマック)
クロスビー湖でダイビング講師をしている。サラとは知り合いの様子。

グレッグ(ドナル・ローグ)
クロスビー湖の近くで保安官をしている。

ストーリー

サラやニックら、大学生7人がバカンスを楽しもうと、サラの両親が持つ別荘へ遊びに行くことに。

そこはクロスビー湖のほとりにある別荘で、ボートで湖を渡った先にある、携帯の電波も入らないようなひっそりとしたところです。

ボートで別荘へ向かう直前、サラの昔馴染みらしいデニスと会い、少し微妙な空気になりつつも7人は湖を渡ります。

別荘に着き、早速ウォータースポーツを楽しむ7人。
しかし友人の一人が突然、サメに襲われて大怪我を負ってしまったのです。

塩湖とはいえ、ここは湖。
海とは繋がっていないため、湖なのでサメがいるはずはありません。

混乱する7人の運命は……

視聴できる動画配信サービス

映画を観た感想

仲間とバカンスへ行って、水辺でキャッキャ遊んでいたらサメが出現!
サメが大暴れして、血で染まる恐怖のバカンスへ……というのはサメ映画の王道。本作もその王道を沿っていくストーリーです。

しかし、途中から雲行きが怪しくなり……そうだったのか!と。

「サメ映画」としては今までにない展開だったので、意表をつかれて楽しめました。
サメ映画のサメって大体、「完全なる悪」として描かれるけど、本作ではそうじゃないんですよね。

疑問に思っていたことがちゃんと解けるのも良いです。
普通の映画だとそれは割と当たり前のことなんだけど、サメ映画にそれを求めてはいけないものだと思っていたから。笑

ただし低予算で作られているので、CGはちょっと使いまわし感があったり。

そして話題になった「46種類」のサメ、記事の冒頭でもお伝えした通り、映像として全部出てきません。笑
他のサメ映画には出てこないサメ(ダルマザメなんて図鑑でしか見たことなかったよ……!)が出てきたりはするので、そこそこ満足はできますが。。

これはもしや、次作への布石?

それにしても最近奇抜なサメ映画が多いので(頭がいっぱいあったり、空を飛んだり、タコと合体したり。それはそれで面白いけど)、まとも?なサメ映画で安心して観ることができました。
時間も91分で長くなく、サクッと観られるのも良いです。

B級映画を好む人には、ちょっと感心できる内容じゃないかなぁと思います。

以下、ネタバレを含む感想です。

>ネタバレ感想をスキップ!

ネタバレありの感想

悪いのはサメじゃなくて人間だったよ!というのが本作のストーリー。

もちろん人を襲うのはサメですが、そのサメを湖に放ち、襲わせていたのは人間(デニスとレッド)でしたよーという展開。
だから湖なのにサメがいたんです。

そこらへんのB級サメ映画なら、

「なんだって、湖にサメだって?」
「信じられない!なぜ湖に!」
「理由はいいからとにかく逃げよう!」
「やった、(2人だけ)生き残れたぞ!」
 ↓
終わり。

という展開がほとんど。笑
B級サメ映画愛好家ならわかってくれるはず。

それが、いるはずのない湖にサメが現れた理由がちゃんとわかる。それだけで感心ものです。

ただし、広報で「46種類」と大々的に言ったからには46種類出して欲しかった。
他のサメ映画よりも登場する種類は多いものの、46種類のつもりで見たからちょっと物足りなかったです。だって、5種類くらいしか出てきませんでしたから。

この宣伝文句がなければ、「なんか色々出てくる!」とワクワクできたと思います。
なんだかんだ、ホホジロザメ以外のサメがパニック映画で出てきてくれるのは珍しいですしね。
5種類のサメが登場するのはサメ好きにとっては嬉しいのに、前情報の「46種類」と比べると9倍以上違うから。。

「シャーク・ナイト」を視聴する

「シャーク・ナイト」は動画配信サービスでも配信されています。

U-NEXT
hulu
FODプレミアム
TSUTAYA TV
Netflix

2019年10月10日現在、上記の表で「◯」がついたサービスで配信されていることを確認しています。

タイミングによっては「◯」と表記されていても配信が終了、または「−」と表記されていても配信が開始されている可能性があります。
本作品を視聴する目的で各サービスに加入される場合は、一度ご自身でもお確かめください!